資金を抑えてeBay輸出を始めたい方におすすめの方法

eBay輸出を副業から始められたいという方の中には、初期資金はなるべく抑えて始めたいという方も多いかと思います。
今回の記事では、資金を抑えて始めたい方におすすめの方法について解説をしていきます。
元手をあまりかけずにコツコツと着実に利益に繋げていきたいといった方には必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ビジネスを始めるとなると様々な選択肢がありますが、例えば実店舗を構えてビジネスをするとなると店舗物件だけで数百万円から数千万円かかってしまいます。私が今年から始めた中古車輸出であれば、始める条件として不動産を持っていること、条件を満たす保証人を二人用意できること、こちらが基本的な必須条件になります。

eBay輸出の場合ですと、日本で一般的に普通の暮らしをしている方であれば、アカウントを育てるために評価貯めの購入で使う1万円さえ用意できれば始めることはできます。
他のネットを使ったビジネスでも例えばBUYMAやamazonであれば、不用品を売ることはほとんどできないため、初期の仕入資金としても最低でも50万円は用意したいところだとよく聞きます。

もちろん返品などのリスクはゼロではないので、そのようなときのために運営資金を現金で用意した方が良いに越したことはないです。
今回の記事ではそのようなリスクのことなども含め、私が手持ち資金が少なかったらどのように始めていくか?ということについて解説していきます!

今回の記事の目次としてこの流れで解説します。

目次

なぜeBay輸出は初期費用を抑えることができるのか?

海外のプラットフォームeBayはもともとオークションサイトとして生まれたプラットフォームです。
新品の商品も売れますがどちらかというと中古の商品の方が売れやすいです。
また、中古なら何も良いのかというとそうではなく、日本人という特権を使ってビジネスをしていくのであれば、日本以外の海外の国の方にとって珍しいものを出品すれば利益になりやすいです。
このことを意識してeBay上でリサーチをしてみると以外と私たちにとっては当たり前に身近にあって、もういらなくなって使わないゴミになってしまうようなものこそが利益が取れて売れているということに気づきます。
例えばビールの空き缶なども売れていますし、ディズニーランドで買って当日しか使わなかったミニーちゃんの耳やお土産のお菓子の缶なども売れています。
なのでそれらを出品するためのアカウントの準備さえできてしまえば、私たちが普段出していくゴミになるような日本でしか売っていないものや実家の物置に入っている学生の頃に使ったもの、祖父母の家の日本人形なども売って利益にしていくことができるのです。

最低限いくら必要か?

eBayのアカウント自体は無料で登録することが可能です。
細々とかかる費用としては、販売者としてのアカウント準備をするための本人確認の書類提出のために申請した住民票300円くらいです。

eBayで販売をしていくうえで注意したいこととして、サスペンドすなわちアカウント停止があります。
これはどのような条件でアカウント停止されてしまうのかという詳細はeBayで公表されていないのですが、怪しい行動をしているアカウントとしてAIで認知されてしまうと一時的にまたは永久に停止されてしまいます。
なのでこれは初期の段階から防いでいく必要があります。
これを防ぐ方法として出品をする前に、他の方の商品を購入してアカウント評価を貯める必要があります。
アカウント評価を30ほど貯めるとアカウント停止がされ難くなるので、ここは着実に進めていきたいところです。

このアカウント評価を購入で30貯めるために、資金が必要です。
eBayでは$0.99ドルから出品をすることができるので、最低価格で$0.99今のレートで145円前後の商品があります。
これらを30個ほど購入してまずは評価を貯めましょう。
この時に最低価格、最低個数で145円×30個=4,350円
レートやその時に出品されている商品が最低価格で見つかるのか?ということも含めて多めにみて
最低でも10,000円を用意しておきたいところですね。

商品価格が145円だったとしても海外から購入したら送料が高いんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかと思います。
中国や東南アジアの国の方が出品されている商品でしたら数百円の送料や送料無料の商品も沢山あります。
これは何故か?というと、商品によっては現地から郵便扱いで送ることができている商品もあったり、その商品の販売者自身も格安で販売してアカウント評価を貯めたいなどお互い様で販売購入しあっているということもよくあるのです。

このこともあり、最低でも10,000円用意しましょう。

リスクはあるのか?

eBay輸出は、物を安く仕入れて高く販売するビジネスモデルになっています。
無形の商品ではなく、物自体が存在します。
物は中古であれば状態は様々ですし、新品だったとしても発送環境によって壊れてしまったり、遠い海外に発送されるので紛失することもごく稀ですがあります。
なので商品を発送してから返品・返金をしなければいけなくなってしまうというケースもあります。
例えばeBay輸出は無在庫でされている方もいらっしゃいますが、それでも出荷してから返品・返金になることもあるのでリスクはゼロではないのです。

販売した全ての商品が返品・返金しなければいけなくなるわけではありませんが、それぞれの商品1点が返品・返金に万が一なったとしても仕入金額・送料を負担しなければいけないこともあるということは忘れずにいましょう。

最低資金で何を販売するのか?

初期資金を抑えたい方だったとしてもそうでなかったとしても、私はコンサルティングの生徒さんには必ずお手元の不用品をまずは出品することをおすすめしています。
まずは出品の仕方などに慣れるという意味もありますが、手元にある不用品が売れて仕入れ資金の足しになったらラッキーですよね!
仕入れ資金を抑えたい方も必ず、まずはお手元の不用品を販売してください。

私のYouTubeでは仕入0円の商品をご紹介しています。
出品する不用品の参考になるかと思いますのでぜひご覧ください。

資金を抑えて仕入れをする方法は?

先ほどはまずは自分の不用品を出品しましょうということをお話しました。
資金を抑えたい方は、出品できる不用品はまずは全て出品してください。

もう出品できる不用品はないという状態になりましたら、実家も物置などにeBayで売れる使っていないものがないか見てみましょう。
実家にあるようなものですと、なかなか捨てられずにいたランドセルや思い出の部活のスポーツグッズ、楽器など。
学校で使っていたサンリオやポケモンの文具なども意外な値段で売れます。

もう実家にもeBayで売れる不用品はないという状況になりましたら、家族や親戚にも「最近ネットで輸出を始めた!」ということを言ってみましょう!
こんなジャンルのものやこんな商品がいくらで売れているという話をすれば、うちの不用品もとなるかもしれませんね。
私はそんなつもりはなかったのですが…eBay輸出をしていることを周りに言っているとよく友人知人から代理で販売してと言われることがよくあります。会った時に物を沢山もってきてくださった方もいますね。
すでに親族の事業の代理運用をしているのですが、今は代理で販売してとなった場合はアカウントを作って自分で販売することをおすすめしています。
他の事例ですと、私のコンサルティングの生徒さんの何名かの方は、友人から不用品の代理販売を頼まれた他に、メーカーとして扱っている商品の代理販売を頼まれたという方もいらっしゃいます。
このように仕入の資金を最初にかけなかったとしても商品を仕入ることは可能なのです。

他にも極力仕入れ資金を抑えて仕入れをする方法や、メーカーの代理店として手元に在庫がなかったとしても卸仕入をして販売する方法などはコンサルティングの生徒さんのみにお教えしています。

仕入資金を作る方法

資金を抑えて仕入れをしながら販売して利益が出てきたら、その利益は使わずに次の仕入れ資金に回していきましょう。
eBay輸出は物を安く仕入れて高く販売するビジネスモデルなので、仕入と出品が止まると物理的に売上利益に繋がりません。
個人や個人事業主として始めると事業のお金とプライベートのお金が混ざってしまいやすいですが、利益が出たら次の仕入れに回す、より大きな利益が出やすくなる、このサイクルを意識していきましょう。

利益を上げていくために知っておくべきこと

この記事では仕入れ資金を抑えてeBay輸出を始める方法ということで解説していますが、利益を追求して利益額を上げていくとなると、量と質も意識していかなければなりません。

もちろん最初から利益額も利益率も大きくなるように質の良い出品を心がけていきたいですよね。

そうは言っても初心者の方が最初から質を追求していくのは難しく、eBay輸出の戦略の立て方や始め方の流れなども自分で正しい情報を掴んでいくのはなかなか難しいです。

私の公式LINEではお電話での無料相談をお受けしています。

ご興味のある方は、下記のボタンから友達追加をしてスタンプを送ってください。

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京の港区で起業して6年
2023年9月 メディア系ECサイトを事業売却
輸出のエキスパートとして活動中
海外輸出は航空便で1000件以上取引経験
2023年から中古車輸出を開始
https://ayaka-wada.com/ayaka_wada/

コメント

コメントする

目次
閉じる